うつ病治療ネット 公式ブログ

現代のうつ病事情を読み解く!東京都中央区日本橋の心療内科・精神科「YSこころのクリニック」がうつ病に関する様々な情報をお届けします。

職場のメンタルヘルス対策義務化

ストレスチェックの準備を兼ねた 『3つの職場環境の見直し』

2015年12月1日から、50人以上の従業員がいる事業所に『年1回社員のストレスチェック義務化』がスタート。いずれは全ての事業所で義務化となるでしょうから、準備が必要になって慌てる前に、『ストレスチェックの準備を兼ねた職場環境づくり』をしておきまし…

職場環境を整えて、従業員をうつ病や職場不適応症から守るには

ご自分が働いている会社は「うつ病になりやすい職場環境」でしょうか?うつ病の原因は、上司や仕事の多さといった直接的なものに目がいきますが、職場環境も見直すべきなんですよ。

上司から部下へのメンタルヘルスケアは 「見つける・聞く・対処する」

部下が出来るだけストレスや心の負担を感じずに仕事をするには、上司としてのリーダーシップや仕事の力量より『メンタルヘルスケアが出来るか』がポイントとなってきます。

うつ病やメンタルヘルス対策は10年後には確実に義務化 されているかもしれない話と その為に必要な事、しておいた方がいい事

国は「2020年を目標に会社でうつ病等の様々な精神疾患のケアやメンタルヘルス対策を100%受けられる」という指針を発表しています。今から準備をして義務化した時に「ウチは大丈夫!準備万端!」となるようにしていきませんか?

会社としてのうつ病・メンタルヘルスケア対策 まずは対策チーム・社内環境チェック・就業規則の見直しの3つから

国が2020年達成を目指す目標により、『企業においてのうつ病対策およびメンタルヘルスケア』は義務化するといわれています。今から準備しておかなければいけない事は多々あります。

うつ病休職者がリワークしてきた時の接し方のコツと 今後必要となる「企業内うつ病・メンタルヘルス対策チーム」について

「2020年までに職場でメンタルヘルスについての措置を100%受けられるようにする」という方針を国が発表しました。企業に求められるメンタルケア、リワークについてお話します。

うつ病休職者のリワーク。休職後だけが重要じゃない話 (休職前と休職中。会社がしてはいけない事・しなければならない事)

うつ病からのリワークはとても難しく、1年以上リワーク出来たという人は『約2割』に過ぎません。うつ病治療で休職・復職する社員をどう支援していくかについてお伝えします。

今後、会社として必要になるメンタルヘルス対策チームの作り方と 心の健康づくり計画の3ステップについて

現在、会社で必須となる『メンタルヘルス対策』の基礎となるメンタルヘルス対策チームの作り方・心の健康づくりについてまとめてみました。