うつ病治療ネット 公式ブログ

現代のうつ病事情を読み解く!東京都中央区日本橋の心療内科・精神科「YSこころのクリニック」がうつ病に関する様々な情報をお届けします。

子ども

病気・障害・考え方の「ひずみ」に隠れた 『うつ病』の話

うつ病はストレスや人間関係などが原因で起こるケースが多いですが、『うつ病以外の病気』『発達障害等の障害』など、その人自身の考え方や物事の捉え方のひずみが、うつ病に罹るきっかけとなる場合があります。

嬉しい事、喜ばしい事でも『うつ病』になる可能性はあるんです。

結婚、出産、進学、就職、昇進といった喜ばしい出来事を素直に喜べないのは、うつ病のサイン。今回は『嬉しい事、喜ばしい事がうつ病になるきっかけ』についてお話します。

家族がうつ病になった時、どう接したらいいの?

もし貴方の家族がうつ病になったら、一番困るのが『うつ病になった家族へ、どう接したらいいのか?』という問題。誰もがなりうる病気なので、対処法を知っておきましょう。

うつ病と自己肯定感の話

自己肯定感が高過ぎると自意識過剰、低過ぎるといつも自分に自信がなくなってしまいます。思い込みがひどくなると、どちらの場合も「うつ病」になる危険性があるといわれています。

子供の不登校は「もう無理!助けて!」というSOSサイン (子供の世界のストレスと要注意なSOSレベルの行動や態度について)

学校へ行けない子供は「心理的ストレス」を抱えています。周りの大人がアレコレ策を練っても、それが逆に抑うつ症状という逆効果を生んでしまうので、まずは子供の心に寄り添う方法を学びましょう。

「学校へ行きたくない」に隠れている『子供のうつ病』

お子さんが「学校へ行きたくない」と言ったらどうしますか?不登校という状況だけではなくその後ろに実は『子供のうつ病』が隠れているかもしれません。

「うつ病かな?」と思ったら、チェックしたい事と考えられるう8つのうつ病のタイプ

自分や家族、同僚が「もしかして、うつ病かも」と感じた事はありませんか?病院の受診は敷居が高いと感じる方へ、私達にも出来るうつ病チェックと症状から考えられる8つのうつ病についてお話していきます。

うつ病は大人だけの病気じゃない。 子供でもなるんです!

子供でも子供社会の中でストレスや心の負担を感じ、それが元で抑うつ症状が出たりうつ病になります。どのように対処すべきか、親ができることをまとめました。